アーティスト紹介 スケジュール フォトギャラリー フォトギャラリー ディスコグラフィー お問い合せ リンク
アーティスト紹介


川口京子


子供の頃、上野耐之氏から歌を教わる。早稲田大学第二文学部中退。これまでに「北原白秋を唄う」「野口雨情を唄う」「日本の唱歌」「戦後のこどものうた」「歌でつづる日本の自然」といったテーマでソロコンサートを行なう他、藤田圭雄氏「唱歌事始」、阪田寛夫氏とのシリーズ「童謡の天体」、小島美子氏「語りから語りものへ」、松永伍一氏「日本の子守唄」などのレクチャーコンサート、現代作曲家や詩人の新作発表コンサート等に出演。日本歌曲、童謡、唱歌、抒情歌、昔の流行歌、民謡、子守唄等レパートリーは多岐にわたり、その歌声と人の心に染み入る歌唱力で、全国に多くのファンを持つ。 1999年度日本童謡賞特別賞受賞。 ソロアルバムとして、「母の歌」(コロムビア)、「月〜川口京子"月"を唄う」(コロムビア)、「さくら〜川口京子"櫻"を唄う〜」(コロムビア)、「この子の可愛さ〜川口京子 日本の子守唄を唄う」(日本子守唄協会)、川口京子愛唱歌集「帰去来」(私家版)、「逢いたい」(Kクリエイト)、「碧瑠璃の空に」(私家版)、 参加CDとして、赤十字150年記念「温故知新プロジェクト」イメージソング「大人と子どものセレナーデ」(コロムビア)、DVD「日本語を歌・唄・謡う」(アド・ポポロ)などがある。

川口京子公式サイト http://www.kawaguchi-kyoko.com



長谷川芙佐子
Photo 小島由起夫


国立音楽大学ピアノ科卒業。クラシック、ポップス、ジャズ、タンゴ、ミュージカル、童謡・唱歌、子守唄、民謡などオールラウンドマルチプレーヤーとして独自の世界を持ち、ソロ活動のほか様々なジャンルの演奏家と演奏およびアレンジャーとして共演、全国で演奏活動をしている。多彩なアレンジとクリアな音色で、共演者からの信頼も篤い。シリーズ「歌い継ごう日本の歌」、「ファミリーコンサート"わ"」等を各地で企画開催。第43回日本童謡賞特別賞受賞。
作品:「ひざしの中で」「ねこの世界旅行」「no more」ほか。アレンジ委嘱作品:「釜山港へ帰れ」「また君に恋して」「お山の子守唄」ほか。
CD:LaVita(Kクリエイト)、大人と子どものセレナーデ(赤十字150年記念「温故知新プロジェクト」イメージソング)(コロムビア)、夢路より(opus55)、世界のこもりうた(opus55)、チェロとピアノで奏でる日本の四季〜唱歌編(opus55)、逢いたい(Kクリエイト)、母の歌(コロムビア)、月(コロムビア)、さくら(コロムビア)、赤とんぼ三木露風童謡詩集(ネット武蔵野)ほか。
テレビ出演:「達人道〜VITAの達人」
◇◇◇◇◇:「達人道〜オペラの達人(浅草オペラ100周年記念)」ほか
長谷川芙佐子公式サイトhttp://www.k-create.info/fusako/index.html
長谷川芙佐子ブログhttp://ameblo.jp/mashrobinm/




 


北海道釧路生まれ。登別中学校、室蘭東高等学校卒業。尚美学園短期大学音楽学科卒業、東京コンセルヴァトアール尚美音楽社会研究コース卒業、東京藝術大学音楽学部別科修了、ウィスコンシン州立大学マディソン校音楽学部にて学ぶ。 ホルンを南浩之、大野良雄、澤敦、守山光三、ダグラス・ヒルの各氏に師事。室内楽を松本煕、佐野日出男の各氏に師事。 93、95〜98、00、01年アジアユースオーケストラのオーデションに合格し、アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアツアーに参加。そこでマイロン・ブルーム、ダグラス・ヒル、マーティン・ハックルマン、トーマス・ベーコンの指導を受ける 。 現在、フリーランス奏者としてオーケストラ 室内楽、バレエといったクラシック以外にも ビッグバンドや映画・テレビの音楽等ジャンルを問わない活動をしている。アンサンブルヴェルヴ主宰。優しい包み込むような音色にファンが多い。

94年宝塚ベガ音楽コンクール室内楽部門(木管五重奏)入選。
TAD Wind Symphony 各ホルン奏者。
角田健一ビッグバンド平成19年度文化庁芸術祭優秀賞受賞記念アルバム『もうひとつの武満徹』に参加。



 


東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマ首席卒業。トランペット協会主催・設立20周年コンクール3位入賞。トランペットを池田英三子、佛坂咲千生、加古勉、島田俊雄の各氏に師事。 ズーラシアンブラスの初期メンバーとして動物さんのお友達(ドゥクラングール)活動の後、現在はフリーのトランペット奏者として、ソロ、アンサンブル、オーケストラ等でTV出演や録音等に参加している。ナチュラルトランペット奏者としてもバッハコレギウムジャパン、クラシカルプレイヤーズ東京、Gamtut Bach Ensemble-Tokyo等の公演、海外公演にも参加。学生の頃に大手出版社に突撃訪問してアルバイトするなど、好きな事にはいつも全力。バックパッカーの経験もあり定期的に活動している音楽とおしゃべりのコンサートはおしゃべりを聞きに来る方もしばしば。一方で後進の育成にも力を注いでおり、幼稚園、小学校、中学、高校、大学、一般と精力的に取り組む。アンサンブルヴェルヴメンバー。的確なリズム感とトランペットならではの表現力に魅了されるファンも多い。



 


3歳より母親の手ほどきでバイオリンを始める。12歳でブルッフヴァイオリンコンチェルトをオーケストラと共演。 全日本学生音楽コンクール入選。東京音楽大学附属高校、東京音楽大学特待生入学。 その後渡欧し、ウィーン国立音楽大学入学。同大学を首席卒業(auszeichnung)。 在学中よりソリストコンクール入賞、東京交響楽団とのメンデルスゾーン協奏曲共演をはじめとするオーケストラとの共演やリサイタル、 オーストリアブラームスハウスでの演奏等、国内外で演奏活動を行う。 帰国後はジャンルにとらわれず多岐にわたる音楽活動を展開している。久石譲氏プロデュースによる演奏会に出演するなど、一流アーティーストとの共演も多い。 世界各国の女性ソリストで結成されたスーパー・ポップ・インストゥルタルユニットUNIONのめんばーとして活動。結成と同時にCD『Music Box』をリリース。 また、タンゴバンド、エル・レイ・デル・タンゴのヴァイオリニストとしてCD『REMEMBLANCE』をリリース。 現在はソロ活動の他、ライムレディースオーケストラミストレスを務める。 トリオ・デ・アレグリア、その他タンゴバンドにも参加し、繊細かつ情熱的な演奏で好評を博している。 CD『LaVita〜大切なあなたへ』をリリース。 日本クラシック音楽コンクールの審査員も務め、優秀指導者賞を受賞するなど、後進の指導にも力を注いでいる。 これまでに武田絹子、山岡耕筰、大谷康子、松本善三、久保陽子、東彩子、フランツ.サモヒル各氏に師事。





東京芸術大学音楽学部卒業。 NHK交響楽団メンバ−による室内楽コンサ−ト並びに在京オ−ケストラメンバ−との コンチェルト演奏など、各地でコンサ−トやイベントに出演。 2000年4台ハープのアンサンブル、VEGAを結成。2002年ジュネーブで開催された第8回ワールド・ハープコングレスに出演。2008年CD『トゥインクリング・スターズ』をリリース。 2009年ハープソロCD『FairyRose』をリリース。 ソプラノ歌手、佐藤しのぶ氏リサイタルツア−に参加。 パンフル−ト奏者、故藤山明氏とは、各地でデュオコンサートに出演。『パンフルートとハープによる宮崎駿の世界』等3枚のCDをリリ−ス。 オカリナ奏者、本谷美加子氏とは四国札所コンサート等で共演。2007年イタリア、ミラノのヴェルディ音楽院・ブレーシャのフランチスカヌム教会にて演奏。 2010年テノール歌手ポールポッツのツアーに参加。 2001年〜2004年正倉院復元楽器の中でハープの原型にあたる箜篌(くご)を演奏する。 2007年高知県立坂本竜馬記念館所蔵楽器演奏をきっかけに、月琴の演奏を始める。美術館や様々なスペースでのソロ、あるいは室内楽コンサ−ト、オ−ケストラとの共演並びにスタジオ録音、歌謡番組への出演等、幅広いミュージックシーンでジャンルにとらわれない演奏活動を精力的におこなっている。





• 1974年 カナダ生まれ、フィリピン、東京、家族の転勤で移動。1981年 母の実家アメリカのバーモント州へ移住、チェロをはじめる。
• 1992年 バーモント・フィルハーモニック・コンクールを入賞。州を代表して音楽祭に参加、オバーリン音楽院&大学に入学、首席で卒業。
• 1998年 ネット会社に就職、日本に住みたいとひらめき、東京へ。チェロを弾く喜びを再発見、日本でプロを目指す。オーケストラの他、チェロ&ピアノの実績も積みあげ、みなとみらい大ホールでリベルタンゴを演奏、BSテレビで放送。ヤマノミュージックサロン池袋のチェロ&弦楽四重奏講師を務める。
• 2008年 自然を求めて埼玉県小川町へ移住。東京の活動を続けながら地元でチェロ教室を開く。
• 現在、カフェや教会など身近なところで気軽に生演奏を聴ける企画を中心に、音楽を通して地域活性化に力を入れる。全国各地で出張演奏、自然体な演奏と親しみやすいトークで人気を集める。
オフィシャルサイト www.timberringmusic.com
フェースブック www.facebook.com/sachihootsuka